ランボルギーニ LM002 1989年式 

ランボルギーニ LM002 1989年式 走行距離 約17000㎞

会員さんのお車ですが欲しい方に譲りたいみたいです。ほしい方はご連絡ください。 価格等、詳しいことはご連絡ください。                     メールアドレス hirayama@senshiya110.com 

ウィキペディア 引用

鋼管スペースフレーム、FRP製アウターパネル、アルミ製ドアからなるボディに、カウンタックの5.2L – V型12気筒“クアトロバルボーレ”(4バルブ)をガソリンの質の悪い地域も考慮に入れて仕様変更、砂漠などの悪環境も考慮したエアクリーナー、酷暑地域も考慮した大型ラジエーターなどの変更などと共に、オフロード走行に適するように改良された。エンジンは最高出力450ps/6,800rpm、最大トルク51.0kgm/4,500rpmを発揮し、2.7tの車両総重量を最高速度206km/hまで引っ張る。

ドライブトレインは副変速機付きトランスファーとZF製5速MTを備えたフルタイム4WDを採用。燃費向上のため、後輪駆動にすることも可能であった。タイヤはパンクしても走行が可能なピレリ製の専用品(「スコルピオ」325/65VR17)を装着。乗車定員はキャビン内の独立シートに4人、ボディ後部はトランク、もしくはエクストラで2人乗れる荷台となっている。燃料タンクは290Lと大型トラック並みの大容量をもっていた。

シートやトリムの部分には本皮革をふんだんに使用し、エアコンやオーディオ、厚みのあるカーペットまで装備するなど、インテリアはエクステリアの印象と打って変わって高級車そのものであり、まさに現代におけるプレミアムSUVの先駆けともいえる存在であった。1993年に生産終了、総生産台数328台。