SUBARU IMPREZA A-LINE 07y 実践1.5年

subaru_impreza_aline_20100816_004.jpg

スバル インプレッサ A-LINE 07y 実践1年半

いつもお世話になっています。夏の間は、夜間にコイン洗車場で洗車をすることが多くなります。昨夜も、コイン洗車場へ行ってきました。

高圧洗浄し、超吸水タオルで水洗いを行い、水で流した後、ふき取りスペースへ車を移動し、コンディショナーで基本の洗車を終わらせたときに、 となりでワックスをかけていた2人組からいろいろ質問を受けました。

達人コート、コンディショナーをお見せして、通販で購入できるので、YAHOOで洗車達人で検索するとすぐに見つかることを伝えました。「コーティングより洗車方法が一番大事ですよ。 」と言おうかと思ったのですが、HP観ればわかるので言わず仕舞いでした。とにかく、洗車場で『すごくきれいですね。』と、声をかけられたことが、うれしかったですね。

車の方は、2月に車検を受け、走行距離も7万キロを越しました。

しかしながら、ボディのほうは、いい感じの艶が出てきました。

以上、実践報告でした。

■センタツVOICE

無事にエグピカ車検越えしましたね~。ホント磨きかかってます。

キテます!

(写真をクリックして大写しで鑑賞すると、ホント・・よく手が入ってますよ。)

実践1年半になるこのインプレッサですが、「コーティングより基本が大事」というオーナーの言葉の裏には、実はご自身の体験があります。このインプレッサは1年半前には屋根など車全体にウロコが出ており。オーナーはそれまでも幾つかのコーティング剤などお試しになられたのです。センタツをはじめられて半年頃の一年前(2009年8月)には「屋根のウロコがなくなりました」というご報告を頂いてHPにも紹介されています。(クロスパッドでのコートクリーナー施工技を発見したとのご報告・・・スバル特集)

「コーティングより基本が大事」それは「コーティングの幻想」を抜けたオーナーの体験に基づく確信の言葉ですね。

本当に愛車を輝きを取り戻したかったらタオル一枚でまずは水洗いの基本をマスターすることがファーストステップです。

で・・・お車はがっつりVR4仕様です。 ウロコ除去で身につけた磨きもきっちり入ってますね。

基本ができたら今度は磨きが大事ですね。

まもなく、秘伝コートMAXI ONE と秘伝コートSi-MAXI が出ます。この二つ、だいぶ半端ないです (^^;)